FX 入門者がFX取引を行う場合、事前にFX会社に登録する必要があります。

FX 入門するための準備

FX 入門するための準備


当たり前のことかもしれませんが、FX 入門者がFX取引を行う場合、事前にFX会社に登録する必要があります。FX 入門者が取引を始めるために必要な手続きは、とてもシンプルですので一度確認しておくとよいです。大まかな流れとしては以下のようになります。

まずはお気に入りのFX会社を選び、その会社の公式サイトなどにある口座開設ページにアクセスしてください。専用ページが開いたら、必要な情報を入力します。必要事項としては、氏名や住所、電話番号やメールアドレス以外に職業や年収などの基本情報があります。それらすべての事項の入力が終わったら、次は本人確認書類とマイナンバーカードを提出します。本人確認書類としては、運転免許証や健康保険証、パスポートなどが必要です。それら必要書類の提出が終わると、FX会社よりユーザIDや初期パスワードを記した封書が自宅に送られてきますので確認しておきましょう。FX取引の専用口座は、ユーザIDや初期パスワードがあればすぐにできます。その後、開設したFXの口座に証拠金を入金し、これでFX取引ができるようになります。

20歳未満の方は口座開設できませんので気を付けてください。また、年齢上限についてはそれぞれのFX会社によって異なります。


新着情報news

2018年11月26日
ホームページを更新しました。