v系のまとめ 様式美編

v系バンドは、メイクやゴシックな衣装などの視覚表現を強調することを様式美としています。それまでの日本にはなかったv系バンドが音楽界に衝撃を与え、多くのファンを獲得してきました。v系バンドといってもその内容は様々で、メタル、ロック、ポップスなど幅が広くあります。v系バンドは自分たちの独特の世界観を重視することが多く、各バンドがそれぞれのテーマを掲げ、歌詞、楽曲、衣装などを選んで演じます。

一般的にv系バンドはメイクや衣装は派手ではあるものの、パンクバンドやメタルバンドとは違い、耽美性を重視しているものが多く、こうした傾向がv系の様式美を生み出しています。また、歌詞や衣装が現実離れしたテーマを扱ったものが多いため、ライブに行くことによって非日常的な世界を体感できるのもv系バンドの様式美のひとつと言えます。

ライブでのパフォーマンスの様式美に関しては、ファンにヘッドバンギングや手拍子などを要求することが多々あります。そして、ファンのノリにも様式美があります。演奏中に体を動かすことが定番となっていて、楽曲の決まった部分で、決まった動きをして楽しんでいるのです。

v系バンドの楽曲に関しても多くのジャンルがありますが、低音を重視して演奏するバンドが多く、ネガティブな意味を持つ歌詞とともにダークな様式美を演出しています。